バクティサンガ『歌うヨガと食べるヨガ』

バクティサンガ『歌うヨガと食べるヨガ』

呼吸法やポーズだけがヨガではありません。経典を学んだり、マントラを唱えたり、神様に捧げた供物をいただくこともヨガなのです。そのようなヨガのことを、”バクティヨガ”といいます。

”サンガ”とは集まること。

バクティサンガ は『バクティヨガの集まり』を意味します。

~バクティサンガ『歌うヨガと食べるヨガ』の内容~

【マントラワークショップ】
サンスクリット語のマントラの起源や意味、唱え方を初心者の方にもわかりやすくワークショップですお伝えするワークショップです。

【ジャパ瞑想】
ビーズ(ジャパマーラー)を用いてマントラを唱えた回数を数えます。 ビーズネックレスをお持ちの方は、ご持参ください。お持ちでない方にはお貸出しいたします。

【キールタン】
マントラを生バンドに合わせて歌うキールタンも、コール&レスポンスなので簡単。迷わず気持ちよく歌えます。もちろん、聴いているだけでもOK!

【プラサーダム】
ワークショップのあとは『食べるヨガ』といわれる菜食のお食事、美味しいプラサーダムをお腹いっぱい召し上がれ。時間のない方はお持ち帰りもできます。

開催日程とタイムスケジュール

毎月第3日曜日 16:15~19:00(月によって変更あり)

※毎回、同じ内容です

<開催日程>

  • 2022/1/16(日)
  • 2022/2/20(日)
  • 2022/3/20(日)
  • 2022/4/17(日)プラサーダムクッキング終了後の開催
  • 2022/5/15(日)
  • 2022/6/19(日)
  • 2022/7/17(日)
  • 2022/8/21(日)
  • 2022/9/18(日)
  • 2022/10/16(日)
  • 2022/11/20(日)プラサーダムクッキング終了後の開催
  • 2022/12/18(日)

<タイムスケジュール>

  • 16:15~16:30 マントラワークショップ
  • 16:40~18:00 ジャパ瞑想・キールタン
  • 18:00~19:00 プラサーダム

参加費

ドネーション(寄付)制(3,000円~5,000円くらい)

事前に封筒をお渡しいたしますので、お帰りの際に任意の金額を所定のボックスに入れてください。

講師

<マントラワークショップ担当>
マドウマンガラ・ダース 本名 村田大介

1962 埼玉県生まれ

1998 ハワイ、カウワイ島にてアシュタンガ・ヨーガやローフードを始める。シヴァ派サンムルガ寺院でグルに師事。初めてヒンドゥ教の文化に出会い瞑想修行を始める。

1999 帰国後、国際寺院ISKCON(クリシュナ意識国際協会)創設者A・Cバクティヴェーダンタ・スワミによって 解説されたヴェーダ文典に出会いヨーガの哲学的探求とバクティヨガの修行を始める。

1992  バクティ・ヴェーダンタスワミの直弟子である、カヴィチャンドラ・スワミに師事し5000年のヴェーダの伝統を受け継ぐブラフマー神から始まる師弟継承に入門を授   かり、マドゥ・マンガラ・ダースと命名され、権威あるヴェーダの伝承者として認証される。 

1998  ISKCON 東京寺院長に就任

2000 ヴェジタリアン・レストラン「GOVINDAS」をオープンする。

2013 ISKCON NEW GAYA JAPAN 江戸川区船堀寺院を開院後、寺院長辞任 以後、バクティヴェーダンタ出版の代表を務める。

2016 インド中の聖者や世界中でバガヴァッド・ギーターを教えている学者たちが集う、ハリヤナ州クルクシェートラ大学で開催されたバガヴァッド・ギーターセミナーにインド政府から招待を受け、日本におけるバガヴァッド・ギータ−の意義と題してスピーチを行う。同年、愛知県教育委員会の社会学エリート教師70名が学ぶ、教育フォーラムでバガヴァッド・ギーターのプレゼンテーションを行なう。

現在 イスコン船堀寺院を始め、各地のヨガスタジオで講座を行い、結婚相談所でヴェーダに基づく人間関係学を教えたり、大学で瞑想指導も行なっている。またインド人向けにヴェーダの伝統的通過儀礼の祭司も務める。

<プラサーダム担当>
村田由恵氏(ヤムナデーヴィダーシー)・北原由理氏(勝田台Yoga Chandra代表・ユガラプリティ)川原亜紀子氏(市川市HarehHare代表・アナンガマンジャーリ)・中山弘美氏(ヘーマスンダリデーヴィダーシー)Suzuko他ディボーティの皆さん

会場

お申し込み