garbhaブログ

英語でヨガ:どうして日本人の子供に必要ですか。

  • follow us in feedly

英語でヨガ:どうして日本人の子供に必要ですか。

この質問に対して、少しずつ欧米からの研究や実現を紹介させていただきます。

子供から大人まで、グローバル社会やグローバル競争の中、ストレスを感じている人が少なくないのではないでしょうか。

日本人の子供は私に挨拶するとき、よく言うのは、「僕が英語できないけど。。」そこから始まると、永遠に英語に対してストレスや恐れを持ってしまうかと私は心配しております。

How are you? I’m fine. といえると、英語が話せます。

そのうえ、表情・イントネーション・体の使い方(body language)によって、I’m fineという表現が全然違う意味となってきます。本当に元気な声でI’m fineということと疲れている声でI’m fineということは全然違います。英語で本当のメッセージを伝えるため、文法や言葉の細かい使い方よりも、本来の自分の気分が分かったうえで言葉を選ぶ必要があると私は思います。

将来のグローバル社会に成功できる子供を育てるため、グローバル社会の中で、自分の呼吸・感情など冷静に観察してから正しい行動とコミュニケーションツールを選べる子供をヨガで育てられると私は思います。

米国からの研究なども(ヨガでストレス開放できること、呼吸法で自律神経整えられること等)もこの考え方をサポートしています。一つの例として、以下の例をお送りします。

Yoga for Children and Young People’s Mental Health and Well-Being: Research Review and Reflections on the Mental Health Potentials of Yoga (https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3980104/)

興味ある方、月曜日16:30~お待ちしております。

関連記事

ブログの新着情報

PAGE TOP