garbhaブログ

心に響く癒しの音

こんにちは。市原市ホットヨガスタジオgarbha(ガルバ)のChiakiです。

9/9(土) お寺ヨガ@宝積寺 音の瞑想 を開催しました。

雨降りが続いていたにも関わらず、当日はスッキリとした秋晴れ。ちょうど夕暮れ時で、空がとても綺麗。お寺も幻想的です。

 

今回お招きしたのは、サウンドクリエイター田中 圭吾さん、バーンスリー奏者のGumiさん(お二人の情報はこちら)

セッティングが終了し、お客様が続々とお越しになります。その時のワクワクした空気感がたまりません。

お寺には木魚や鈴(りん)、銅鑼や太鼓など様々な楽器が。ミュージシャンのおふたりは興味深々です。

 

お二人の計らいで、なんと宝積寺の武藤ご住職も演奏に参加することに!素早く太鼓をセッティングし即席パーカッションの出来上がりです。

いよいよ生演奏×ヨガのはじまり。

武藤ご住職の太鼓から演奏がスタートします。

レッスンの空気感、その場のエネルギーに合わせ、バーンスリーと自然音が共鳴します。

沢山の音に包まれながら身体を動かす感覚は、「気持ち良い」「素晴らしい」の言葉では表現しきれません。

何とも言えない開放感と幸福感が、体中を駆け巡ります。

たっぷり身体を動かした後は、30分のロングシャバアサナ。まさに「音を浴びる」

鈴虫やコオロギまでもが、演奏に参加してくれた夜でした。

不思議と、レッスンの最後に行った開脚前屈(パスチモッタナーサナ)では、いつもよりもグーンと伸びたのでした。お客様からも同じような感想を頂きました。心地よい音楽の波動が全身と心を癒してくれたのだと感じます。

今回お越しくださった田中圭吾さん、Gumiさん、サポートのTikoさん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP